テストとデータ

紹介

開発する技術ごとに、可能な限り最高の性能を提供するとともに、環境への影響を低減すべく努力しています。 すべての新製品と技術を徹底的にテストすることは、開発プロセスにおいて不可欠なステップです。 このページでは、主要な持続可能な技術をサポートするテストとデータを透過的に見ていきます。

プリマロフト®バイオ™

紹介

以下のセクションでは、PrimaLoft® Bio™技術をサポートする科学とテストデータの包括的な概要を提供します。 この試験データは、第三者の専門家によって行われ、PrimaLoft® Bioの生分解性特性と環境への影響を測定します™。

生分解試験|ASTM D5210

嫌気性の生分解を判定するための標準試験法
市下水汚泥の存在下のプラスチック材料

試験方法ASTM D5210は、実験室条件下で廃水処理施設から嫌気性消化器市下水汚泥に曝露した場合の合成プラスチック材料の生分解の程度と速度を決定します。 PrimaLoft®バイオ™ポリエステルは、ASTM D5210条件下で241日間で17.8%の生分解を達成しました。

アップデートD5210 - プリマロフト (2421) - 0703200708E (241 日 - 正しい名前の最終マーケティング) (1)[8]_Redacted_Page_1
アップデートD5210 - プリマロフト(2421) - 0703200708E (241日 - 正しい名前のファイナルマーケティング) (1)[8]_Redacted_Page_2

ジョルディラボ熱分解質量分析法を用いた内部法

使用済み接種物の化学組成は、ジョルディ研究所の熱分解ガスクロマトグラフィー質量分析(PYMS)に従って試験した。 PYMS試験は、環境試料中の潜在的なマイクロプラスチック粒子の化学組成に関する情報を得るために使用することができる。

使用済み接種では、PETと一致する化合物、断片、モノマー、および添加物は見つからなかった。

ピムTesting_Page_1
ピムTesting_Page_7
ピムTesting_Page_6
ピムTesting_Page_5
ピムTesting_Page_4
ピムTesting_Page_3
ピムTesting_Page_2

陸上植物毒性試験|ASTM E1963

発芽研究は、ブランク接種(PrimaLoftバイオ繊維への曝露なし)を含む一般的な土壌混合物と比較して、使用済み接種(PrimaLoft®バイオ™繊維にさらされた)を有する一般的な土壌混合物中の3つの異なる種子品種の植物の成長を分析した(PrimaLoft®バイオ™繊維への曝露なし)。 PrimaLoft®バイオ™ポリエステルは、法ASTM E1963を使用して確認されており、PrimaLoft生分解ポリエステル繊維に関連する土壌汚染の環境リスクがないことを確認しました。 使用済み接種は、植物の成長を妨げる有毒な汚染を示さなかった。

植物毒性Testing_Page_1
植物毒性Testing_Page_5
植物毒性Testing_Page_4
植物毒性Testing_Page_3
植物毒性Testing_Page_2
Upgrade your browser - Unfortunately, this site has updated features that can't run on this version of Internet Explorer. Download a free upgrade of Internet Explorer.